インドネシア開拓記⑦ ジャワ島ジョグジャカルタを後に、、、。マレーシア クアラルンプールに弾丸旅行へ カオスな通りとはここのことだ!!

インドネシア

G’day mate

インドネシアジャワ島生活も1週間に突入しました。

滞在してみれば早いもんです。

時間はあっとゆうまに過ぎますねぇ。

そろそろオーストラリアが恋しくなってきました 笑

前日夜に急遽

ジョグジャカルタから

クアラルンプールに直接行くことになり

本日は移動日になりそうです。

ざっくりとした地図👇

I-socialdesign.com参照

最初に

ジョグジャカルタで滞在していた

ホステルを紹介します!!

ホステルはこちら

BALK BAMBOO とゆうところになります。



参照:Booking.com
参照:Booking.com

少し中心部から離れたところにあるんですが、

なぜここを選んだかとゆうと。

口コミで9.5点/10点

10点満点中、9.5点を叩き出していたからです。

なんとすごい、そして

🌟マークも2つ。

食べログでゆうたら

4.0を超えているとゆう感じですね。

それもそのはず

ホステルのオーナーさんがめっちゃ良い方で、

施設も綺麗でした。

参照:Booking.com
参照:Booking.com

そしてなんと、、、

一泊800円くらいでした。

格安!!

貧乏トラベラーにはもってこいです!!



そして、

そのスーパーホステルを

経営されている

オーナーはこちら!!!

記念撮影

はい、

地元のおばちゃんですね〜

和む☺️

めっちゃ宣伝みたいになっちゃいましたが、

本当に良いところなんで

ジョグジャカルタに訪れた際はぜひ!!

周りにもたくさんホステルがあるためか、

ローカルレストランやカフェもたくさんありました!!

はい、

12時頃の飛行機に乗るため

渋滞に巻き込まれないか心配で

念の為朝8時頃に出ました。

距離的には30分ほどで着きますが。

この旅行最後の

GOJEKを使いバイクタクシーを召喚。

そこまで渋滞しておらず、、、

急ぐ救急車ですが、道を通れず、、。

予定通り30分ほどで着きました。

料金は300円と格安!!

ジョグジャカルタの

アジスチプト国際空港に余裕を持って到着!!

空港のロータリー前に踏切が、なんか不思議な感じ

とりあえず、

時間を潰すためにカフェを探す。

ついでに空港散策。

オランダ植民地時代の名残でしょうか。
全てデジタル化されている自動販売機

スタバを発見し

朝食を食べることに。

スタバがあるのは本当に助かります。

値段は物価の割に高めです。

スマイルGet ^ ^

スタバでだいぶ時間を潰してチェックイン。

預ける荷物がなく

機内持ち込みだけなのでチェックインも

自動チェックイン機にて5分あれば終了

なんて手軽な、、、( ̄ー ̄ )

空港の待合室には

またもや人がたくさん、、、。

インドネシアの旅行は最初から最後まで

大勢の人に巻き込まれている気が、、、。

人がパンパン

クアラルンプール行きの

格安航空機エアアジアに乗り込みます。

なんとこのエアアジア!!

一応、

国際線であるのにも関わらず、

機内でWi-Fiが使えると!!

しかも値段は500円ほどで!!

なんと画期的な、すごい時代になりましたね。

まぁ2時間ちょいのフライトなんで

Wi-fiは借りずに機内では寝ることに😪💤

あっとゆうまに着きました。

受け取り荷物もないので

さっさと入国手続きを済ませて

市内に行きたかったんですが、

入国手続き待ちの行列で1時間以上、、、。( ´Д`)y━・~~

もう待ち疲れました😑

とりあえず、

P-Taro 人生二度目の

クアラルンプールに到着!!

まさか前回来た時には

また来るとは思ってなかったですね〜

これも何かのご縁 笑

お出迎え

スポンジボブもお出迎えしてくれました。

可愛いスポボブ

昼御飯を食べていなかったので、

軽めの昼食をファミマで!!

売っている商品は日本の商品に近いけど、

なぜだか、少し韓国寄りな気がしました

ファミマ
おにぎりの乱雑さ
サンドウィッチも大量です

ファミチキは売っておらず

おでんが売ってありました。

小ぶりのメロンン

スカイバスのチケットを購入し、(500円ほど)

いざクアラルンプール市内へ!!

バス乗り場は地下にあります
バスもそこそこ快適
空港周辺は何もないです

空港の近くに、

三井アウトレットモールが!!

日系企業が進出してるんですかね、

しばらくすると、

マンションかビルかわかりませんが、

高層の建物が!!

タワーたちが並んでおる

近代化が進んでいるのか、

空港から市内に行くまでに

数えきれないくらいでかい建物を発見しました。

しかもそのうちのいくつかは、

建設途中で、

建設途中の建物もかなりありました。🏢🌳

あまり渋滞はなく

スムーズに進み

予定通り1時間ほどで市内のKL駅に到着!!

とりあえず、

本日の宿探しからスタート。

安定のスタバに立ち寄る。

店員さんにWi-fiがあると言われ

ラテを飲みながらWi-fiに接続するも

繋がらず、、、^^;

( ´Д`)y━・~~

SIMカードを買っていないので

Wi-Fi探すのがすごいめんどくさかったです。

結局、別のカフェで

超甘いハイカロリーモンスタークッキーを注文し

Wi-Fi接続。宿確保

Wi-Fi繋げているついでに

配車アプリのGrabでタクシーを招集

weekend.sunstar.com.ph参照
asia.nikkei.com参照

インドネシアはGOJEK

でしたが

マレーシアはUberGrabです。

uber.com

ちなみにオーストラリアはUberOla

一応、日本にもUberはあるみたいですが、

あまり浸透していない印象です。

めっちゃ便利なんでぜひアプリをとっときましょう!

それから、

タクシーが到着し

ブキッ・ビンタン駅(Bukit Bintang)のホステルへ

車内カメラ搭載していました

前回泊まっていた宿の近く、懐かしい

ブキッ・ビンタン駅周辺は

クアラルンプール随一の繁華街で、

高級なものからローカル志向のものまで

数多くのショッピングセンターが建ち並びます

日本でゆうおそらく新宿に近いかと。

この辺りに宿を取っといたらどこ行くのもアクセスしやすいです。

ちなみに宿は

GOLDBRICK HOTEL

とゆうとこになります。

立地場所はめちゃくちゃ良いんですが、

部屋がなんとめちゃくちゃ狭い。

今までこんな部屋に泊まったことないレベルのところで、

3畳くらいのところに2段ベッド2つありました、、、。

ホステルに着いてから、

一息したらすぐに晩御飯を食べに屋台へ行きました。

ジャラン・アロー通り(Jalan alor)です

ブキッ・ビンタン駅からは5分ほどのところにあります。

アロー通りは、

東南アジアのカオスな匂いがぷんぷんします!!

こうゆうところに来ると、

あ〜〜〜東南アジア来たな〜

って感じするのわかりますかね〜

タイのカオサン通りみたいな感じで!!

19時を過ぎると

観光客でごった返してきます。

とりあえずマンゴーから食す。

300円ほど、割と高め

味は甘酸っぱかったです。

そして

マレーシア🇲🇾といえば、

ラクサ!!

200円ほど

最初の晩餐は

カレーラクサをいただきました。

ラクサは米を使った麺料理で

魚介ダシと酸味が効いたものや

ココナッツ風味などがあります。

お店によっても味が違うんで食べ飽きないです。

味もめっちゃどストライク!!

その後

お姉ちゃんマッサージ屋の前を通り、

お姉ちゃんマッサージ屋の真ん中あたりにある

健全なマッサージ屋さんで旅の疲れを癒しにきました。

Best Friend とゆうマッサージ屋さんです。

何がベストフレンドかよくわからないですが、、、笑

フットマッサージ45分+首回りのマッサージ15分で

1500円ほどでした〜

日本の半額くらいですかねぇ〜安い!!

少し日本語の話せるお爺ちゃんに

マッサージしてもらいました。

お爺ちゃんによると、

日本人の観光客がめっちゃ来るみたいです。

マッサージ後

体が少し痒くなりました、

おそらくマッサージのオイルのせいかと、、、( ´Д`)y━・~~

その後

カオスな街をぶらぶら。

一本外れた通りです
ビールのラインナップはこちら
暑いのでビールの喉越し最高です。
駅近く
ケバブ屋
ミニタイムズスクエアのような
伊勢丹ありました!!
こちらは駅近くの観光客用の少しオシャレなレストラン通り。
屋台飯に飽きたら1日くらいはここでもあり!
もちろん日本に比べたら格安です。
レストラン通りの1つ
ステーキ屋さんです!!
オシャレ
雰囲気◎
フルーツジュースを飲むことに
ストロベリージュース
300円ほど
駅近くのトウモロコシ屋さん
おばちゃんが経営
バター味を食しました。100円ほど
ちなみに前回いった時(2年前)は、若い兄ちゃんでした

その後ホステルに帰り

ルームメイトと時間を共に1日が終了しました。

インドネシアのジョグジャカルタ半分

マレーシアのクアラルンプール半分の1日になりました。

とりあえず、

無事にマレーシア入りできてホッとしています🍵。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Thank you

コメント