【シドニーのマーケット③】 ヴィンテージ品をこよなく愛するならここ!!ヴィンテージ好き集まれ!!

マーケット情報

G’day mate

シドニーの週末の楽しみといえば、

雑多な商品が並ぶ屋外マーケットを、

青空の下でぶらぶらすること。

最近の週末はシドニーにある

マーケットを歩いているP-Taroです。

オーストラリアのシドニーには

週末にいくつかマーケットが開かれています。

そのうちの1つである

Rozelle Markets(ロジルマーケット)に

行ってきました。

正式名は

Rowell Collectors Marketsみたいです。

開催日

毎週土曜日,日曜日

朝9時から15時頃までです

場所

場所は

ロジール学校(Rozelle Public School)の

敷地内で行われています。

行き方

TownHall駅付近から乗ることができます

518番のバスに乗りましょう

ちなみに

P-Taroはこちらから乗車

crunch fitnessの道路を挟んだ反対側の

バス停より518番のバスに乗りました。

シティから10分ほどで着きます

Rozelle public school付近で降りましょう!!

Rozelle Marketの実際

まずは外観から、

奥の方にカラフルなモニュメントがあります。

Rozelle Marketsと書かれているのが会場です!!

では実際に見ていきましょう!!

入り口です

マーケットの雰囲気です、

お店の出展数も多く

お店が多い割には

お客さんが少ない感じがしました。

その分見て回りやすいです!!

マーケットの雰囲気

ティーカップ、銀器、スプーン、ヴィンテージ・ジュエリー、双眼鏡、

今では見かけなくなった電話、

大きな家具、糸巻、本やレコードなど、

本当にありとあらゆるものが並んでいます。

一歩間違えると

ただのガラクタもしくはゴミに近いもの

たくさん売っていました。

ヴィンテージ品なのか

古いだけなのかの

判断が難しいですね〜

絵画
ガラクタたち
木魚

使い方がよくわからない道具類もいろいろあり、

ひと昔前の時代に、

タイムトリップしたような気分になってきます。

古道具や雑貨好きな方なら、

眺めているだけでも楽しいことと思います。

そして日本で同様のものを見つけると、

結構なお値段に躊躇してしまいますが、

ここシドニーでは、

ヴィンテージ品として

かなりお手頃価格でゲットできちゃいます!!

古着服も結構あります
ヴィンテージの服

マーケットの醍醐味である青空ランチへ🍔🍕

マレーシア料理の

カレーラクサを食べました🍜

🍛+🍜=カレーラクサ

Rowell Collectors Marketsは

お買い得なものを探したいバーゲンハンターや

ヴィンテージ品が好きな方、

クリエイティブ志向の強い方にぜひお勧めです

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Thank you

コメント