【オーストラリア での観光VISA】オーストラリア観光に必要なETASの申請方法 サクッと申請しちゃいましょ!!

オーストラリア基本情報

G’day mate

先日、日本より

P-Taroの母

Paradise mumがオーストラリアに来た時に

ETASを申請したので

ETASの申請方法をサクッと紹介したいと思います!!

正直、

ビザの申請ってややこしそうで面倒!!

と思いますが、

旅行会社や代理店に代行料金を払わず

この記事なら簡単申請できちゃいます!!🐨

ETASとは?

まずはETASとは、

Electronic Travel Authority (ETA)(Subclass 601)の略で

オーストラリアの電子観光ビザのETAの正式名称です。

また、ビザというのは

渡航先の国に入国する際に必要なものです。

日本のパスポートはビザなしで入国できる国が多いですが、

オーストラリアは対象外で、

入国する際にビザが必要となります!!

ちなみに、

オーストラリアの観光ビザの滞在期間は3ヶ月です

最長で3ヶ月は滞在可能ということになります!!🇦🇺

必要なもの

必要なもの

  • パソコンもしくは携帯💻
  • パスポート💳
  • クレジットカード
  • メールアドレス

申請手順

それでは申請方法を説明していきます

所要時間は10分もあれば終わります!!

サクサクやっていきましょう!!

① オーストラリア 移民ホームページへのアクセス

まずは申し込みサイトの

オーストラリア移民ホームページを開きます。

英語表記

最初に画面右上の言語選択ボタンから日本語を選びましょう。

日本語に切り替えましょう

画面右側、”ETAを申請する”にて、以下の情報を入力しましょう。

  • ETAの種類を選択しましょう。観光・親族訪問か、短期商用かを選択します。
  • 今現在どこに住んでいるかを聞かれますので、場所を選択から選択しましょう。
  • 利用規約を確認した後、チェックボックスをクリックします。
  • “次へ”を押してください。

個人情報およびパスポート入力

  • 氏名、性別、生年月日、出生国を入力します。
  • これまでに別の名前があった方(例:旧姓)は、”はい”を選択します。
  • 犯罪歴の有無を選択します。
  • パスポート情報(国籍、発行国、番号、発行日、有効期限、発行官庁)を記入します。
  • “次へ”を選択します

③ 住所および連絡先

現住所、電話番号、電子メールアドレス、連絡方法、他の国のパスポ―トを保持しているかを回答します。注意点として、住所は数字の入力がはじかれてしまいますので、例えば数字の8は eightと入力する必要があります。

④ 入力情報の確認

入力情報が間違いないか確認します。

⑤ 支払い情報の登録

ETAS申請には、

システム使用料としてAUD$20を支払う必要があります。

支払方法はカードのみで、

VISA、MasterCard、AmericanExpressなどが利用可能です。

⑥ 支払い情報の確認

支払い情報の確認をしましょう。

⑦ ETAS発行完了

申請と同時に発行されました
念の為スクリーンショットを忘れずに!

ほとんどの場合、ETAの結果は12時間以内に表示されます。

ETAが許可された場合、

公式サイトやETA登録代理業者でETAの発給を確認することが出来るようです。

もし12時間以内にETAが発給されなかった場合、

またはオーストラリア大使館に

照会するようにとのメッセージが表示された場合、

別途大使館への連絡などが必要になるようなので、

できるだけ早めにESTA登録をされることをお勧めします!!

申請時の注意点

申請時には申請者(渡航者)は

オーストラリア国外にいなければなりません。

またETASは簡易的な電子ビザのため、

他にオーストラリアのビザ(例:ワーキングホリデーや学生ビザ等)を

保持している場合には取得することが出来ません。

ETAS登録を忘れてしまった場合

もし万が一、

ETASの申請を忘れてしまった場合は

オーストラリアの空港に着いてから申請しましょう!!

ETASは電子ビザであり、

インターネットで24時間いつでも申請し取得が可能なビザです。

空港のインターネット環境を探し、

オーストラリア政府の電子渡航許可サイトへアクセスし

登録できれば直ぐにビザを取ることができます!!

まとめ

日本のパスポートがあれば、

多くの国ではビザ免除が一般的のため、

オーストラリア旅行の際にビザが必要であることに気づかずに

来られる方もいると思います。

その際も慌てずインターネット環境を探し、

申請するとオーストラリアに入国できるので安心してください!!

では最後まで読んでいただきありがとうございました

Thank you

コメント